日立パワーソリューションズなど、摩擦攪拌接合ロボットを開発…自動車生産ライン向け

業界 レスポンス

日立パワーソリューションズとトライエンジニアリングは、摩擦攪拌接合(FSW)ロボットを共同開発したと発表した。今後、自動車関連メーカーやアルミ製品メーカーなどの自動生産ラインへの導入を目指す。

自動車や航空機などの輸送関連分野では、軽量化が求められており、特に自動車分野では、燃費向上に向けてアルミ材の採用が拡大している。これに伴って、従来より複雑な形状や曲面への対応が求められるアルミ材接合で溶融溶接や抵抗溶接では、ピンホールの発生、溶接後の変形、組織の粗大化などに伴う材料特性の変化が大きいなどの課題があった。

今回、日立パワーソリューションズが持つFSWの技術と、トライエンジニアリングが持つロボットの制御技術を融合し、複雑な曲面でもアルミなどの薄肉材料を接合することができるロボットFSWを共同開発した。

FSWは、1991年に英国TWIで考案され、円柱状の接合ツールを回転させて発生する摩擦熱を利用し被接合材料を軟化させ、かき混ぜることで接合する技術。材料を溶かさず固相接合するため、接合強度が高く、接合変形や内部欠陥が少ない接合が可能となる。

日立パワーソリューションズとトライエンジニアリングは、今回開発したロボットFSWにより、自動生産ラインでの高品質接合と効率的な作業をサポートしていく。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ