【F1】ワークス復帰のルノー、2016参戦マシン『R.S.16』を発表

モータースポーツ レスポンス

今年からワークス体制でF1に復帰を果たすルノーは3日、2016年シーズンの正式な参戦体制を発表。今季の参戦マシンである『R.S.16』をお披露目した。

昨年までのロータスを買収し、ルノーが久しぶりにワークス体制で参戦。以前参戦していた2010年当時のようなイエローとブラックのカラーリングになるのではないかと、様々な憶測も飛び交っていたが、アンヴェールされたマシンは黒がベースのデザイン。両サイドポッドには白字でルノーのロゴが大きく刻まれており、昨年までレッドブルをスポンサードしていたルノー傘下のブランド「インフィニティ」のロゴも確認できる。

またドライバーは、前日急きょ離脱が発表されたパストール・マルドナードに変わって、マクラーレンでのF1参戦経験があるケビン・マグヌッセンが正式に起用されることに。チームメイトは昨年のロータスでリザーブドライバーを務めていたジュリオン・パーマーがレギュラーに昇格。リザーブドライバーにはエスティバン・オコンが加入することになった。

今年は公式テストの開始が例年より3週間遅く、各チームのマシン発表もずれ込んでいる。その中で、ルノーが全チームの先陣を切って2016年モデルのマシンを公開することになった。

  • 吉田 知弘
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ