ジャガー・ランドローバー・ジャパン、新車登録台数は3月度過去最高の822台を達成

業界 レスポンス

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2016年3月度輸入車新車登録台数速報にて、2008年の設立以来、3月単体としては過去最高となる822台(ジャガー車348台、ランドローバー車474台)を達成した。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンでは、今後のラインアップ拡大とさらなる成長を目指し、正規ディーラー採用サイトを新たに開設。全国の44拠点で展開するジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークの積極的な従業員募集を開始した。

同社では、多様な顧客ニーズに対応するため、ラインアップ拡充を図っており、ジャガーは『XE』『XF』『F-ペース』『F-タイプ』、ランドローバーは『ディスカバリー スポーツ』『レンジローバー イヴォーク コンバーチブル』『レンジローバー スポーツ SVR』などの新たな車種、グレードの市場投入を推進。また、新車導入に合わせた店頭フェアやキャンペーン、新車購入時のサポートとして低金利キャンペーンなど、さまざまな販売施策も実施してきた。

また顧客満足度向上にも積極的に取り組んでおり、昨年6月には、日本初のバーチャル試乗体験システムを、昨年10月には、ジャガー・ランドローバーが全世界共通で推進している認定中古車プログラムを導入。またジャガーでは昨年11月に『XE』によるサービス代車プログラムと『F-タイプ』による送迎サービスプログラムを新たに導入している。

今回、新たに開設したジャガー・ランドローバー正規ディーラー採用サイトは、現場で活躍する社員インタビューを通じてディーラーでの仕事内容を知るコンテンツやブランドの歴史を紹介するコンテンツをはじめ、ジャガー・ランドローバー・アカデミーがおこなう各種トレーニングプログラムや職場環境をわかりやすく紹介している。採用サイトでは、現在募集を行っている正規ディーラーの募集要項を確認し直接定型フォームに必要事項を入力するだけで希望の職種にエントリーできる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ