【ロールスロイス レイス ブラックバッジ】カーボンとアルミは内外装共通のテーマ

新車 レスポンス

ロールス・ロイス・モーター・カーズから発表された『レイス ブラックバッジ』は、エキサイティングで大胆なクルマを求めている人に相応しい1台だという。

そう話すのは同社アジア太平洋プロダクトアンドオペレーションズマネージャーのスヴェン・グルンヴァルト氏だ。そのエクステリアは「ダークトーンで全体を大胆に仕上げ、グリルやバッジ、そしてスピリットオブエクスタシーにも初めてブラッククロムを施した」という。

また4年かけて開発された21インチのホイールは「目を見張るだけではなく、我々の最先端テクノロジーの集約だ」とグルンヴァルト氏。具体的には、22層のカーボンファイバーレイヤーが3軸方向に重ねられ、ホイールリムの外側で折り返し、レイヤーを 44層にして強度を確保。更に、航空機グレードのアルミニウム合金を鍛造して成形した立体構造のハブがあり、これはリムに宇宙機器用の高強度チタンファスナーを使って結合されている。その結果、「ブラックバッジは驚くべきパフォーマンスを路上で発揮する」という。

また、このアルミニウムを織り込んだカーボンファイバーをダッシュボード、センターコンソール、ドアの内装にも施すことで、「エクステリアとインテリアに共通したテーマを持たせている」と述べる。

そして、「目を見張るのはダイナミックな見た目だけではなく、運転した時も同じだ」とグルンヴァルト氏。「よりスポーティなエアサスペンション、ダイレクトなステアリング、パワーとトルクが向上したことによるレスポンスの高さなどにより、信号待ちの後の発進が、楽しみになる性能を持ち合わせている」と語った。

エンジン性能はレイスと同様のパワー(632ps)ながら、トルクは870Nmと70Nmアップ。それに伴い。フロントブレーキディスク径を1インチ大きくすることで、ストッピングパワーも向上させている。

  • 内田俊一
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ