北米トラックオブザイヤー2017、第一次4車…ホンダと日産がノミネート

モータースポーツ レスポンス

北米カーオブザイヤー主催団体は7月6日、「2017北米カーオブザイヤー」のトラック部門の第一次ノミネート車4車種を発表した。

北米カーオブザイヤーは今回が24度目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

これまで、北米カーオブザイヤーは、「乗用車」と「トラックおよびユーティリティ」の2部門だった。今回からトラックとユーティリティを別部門化し、乗用車、トラック、SUVの3部門とする。

2017北米カーオブザイヤーのトラック部門の第一次ノミネート4車種は以下の通り。

フォードFシリーズ スーパーデューティ

フォードF-150ラプター

ホンダ リッジライン

日産タイタン

米国の大ベストセラー車、フォード『Fシリーズ』の2台に、日本の2車種が挑む形。なお、フォード『F-150ラプター』は、フォード『F-150』のオフロード高性能グレード。

また、新型ホンダ『リッジライン』は2世代目。中型ピックアップトラックのカテゴリーに属する。大型ピックアップトラックの新型日産『タイタン』も2世代目。ノミネートされたのは、最大積載量0.5トンのモデル。

なお、2017北米カーオブザイヤーは2017年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー17で発表される。

  • 森脇稔
  • 新型 日産タイタン・クルーキャブ
  • フォード F-150 ラプター 新型 スーパークルー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ