【モスクワモーターショー16】ラーダ、Xコード 初公開…SUV提案

新車 レスポンス

ロシア自動車最大手、アフトワズの「ラーダ」ブランドは8月24日、ロシアで開幕したモスクワモーターショー16において、『Xコード コンセプト』を初公開した。

Xコード コンセプトは、ラーダブランドの車種ラインナップ拡大の可能性と、新たなデザインの方向性を示唆したコンセプトカー。ロシアで人気のSUVを提案したモデルとなる。

市販モデルの『ベスタ』や『XRAY』同様、ラーダの最新デザインDNAを反映。そのうえで、Xコード コンセプトでは、「X-style」をキーワードに、フロントマスクやボディ側面に、「X」の文字を表現した。

パワートレインに関しては、ターボエンジンと4WDの組み合わせ。スマートフォンやクラウドサービスなど、将来の車載コネクティビティも提示している。

ラーダは今年のモスクワモーターショー16において、ブランド史上最高の広さのブースを展開。来場者へのアピールを強化していく。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ