フォード、北米で警察車両などをリコール…走行中に突然エンスト

テクノロジー レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターは8月下旬、北米市場において、警察用車両を含むおよそ8万8000台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、直噴3.5リットルV型6気筒ガソリンターボ「エコブースト」エンジンの不具合が原因。フォードモーターによると、燃料ポンプの制御モジュールに不具合があり、走行中に突然、エンジンが停止するおそれがあるという。

リコールされるのは、フォードとリンカーンの両ブランドの2013-2015年モデルの一部。フォードブランドが警察車両の『ポリスインターセプター』、『トーラス』、『フレックス』。リンカーンブランドが『MKS』『MKT』。北米で販売された8万8151台がリコールに該当する。このうち、米国は7万7502台が対象。

フォードモーターは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、燃料ポンプの制御モジュールを交換するリコール作業を行う。

なお、フォードモーターは、「この不具合に関連した事故や負傷者の報告はない」と説明している。

  • 森脇稔
  • フォード ポリス インターセプター
  • フォード ポリス インターセプター
  • フォード ポリス インターセプター
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ