スバル レガシィ、米国でリコール…乗員保護装備に不具合

テクノロジー レスポンス

スバル(富士重工)の米国向け主力車種、『アウトバック』(日本名:『レガシィアウトバック』)と『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)。両車が米国において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。スバルの米国法人、スバルオブアメリカから届け出を受けたリコールの内容を公表している。

NHTSAによると、今回のリコールは、ニー(膝)ガードの不具合が原因。ニーガードがステアリングビームに適切に組み付けられておらず、事故の際、乗員の下半身を保護できないおそれがあるという。

リコールの対象となるのは、2017年モデル。2016年9月下旬に生産され、米国で販売されたモデルが該当する。

スバルオブアメリカでは、対象車両を保有する顧客に連絡。販売店で点検を行い、ステアリングビームを交換するリコール作業を行うとしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ