GMとIBMが提携…モビリティプラットフォーム共同開発へ

テクノロジー レスポンス

米国の自動車最大手、GMとIBMは10月26日、自動車業界初のコグニティブ・モビリティプラットフォームとなる「OnStar Go」の共同開発に向けて提携すると発表した。

今回の提携では、GMの「OnStar」とIBMの「Watson」の力を結集。GMによると、2017年初頭から、OnStarを通して数百万人のGM車のドライバーが、お気に入りのブランドとつながり、このプラットフォーム上でコミュニケーションが取れるようになるという。

このプラットフォームは、OnStar Goのエコシステムでサポートされているダッシュボードやその他のデジタルチャンネルを通じて、個別にカスタマイズしたコンテンツを提供。これによって、ドライバーは車内で過ごす時間を最大限、有効活用できるようになる。

業界をリードするOnStarの車両コネクティビティとIBM Watson APIのデータ活用能力の組み合わせにより、ドライバーと乗員は無駄の無いオペレーションと高い安全性を体験できる。たとえば、燃料の減少を感知した際、交通渋滞を考慮した上でガソリンスタンドに誘導。燃料ポンプを作動させてガソリンを補充し、支払いをダッシュボードで行い、そのダッシュボードでコーヒーを注文することも可能。またドライバーは、リアルタイムの位置情報から個別にカスタマイズされた、ニュースや車内エンターテインメントを楽しめる。

GMのコネクテッド製品および戦略部門、フィル・エイブラム エグゼクティブディレクターは「米国の統計では、1日平均46分以上を車内で過ごす。その時間を、いかに有効利用するかということが求められている。OnStarのコネクティビティにWatsonの力を組み合わせることで、より安全、簡単で優れたソリューションを提供。顧客のモビリティ体験を、さらに有益で生産性の高いものにすることを目指す」と語っている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ