日立建機、建設ICTに対応したソフトウエアを販売開始

業界 レスポンス

日立建機は、国土交通省が推進する「i-Construction」をはじめとした建設ICTに対応するソフトウエアを、子会社の日立建機日本を通じて11月1日より発売した。

今回発売したソフトウエアは、建設システムおよび福井コンピュータの各種商品。2社がこれまで培ってきたノウハウがパッケージされたソフトウエアを、課題や要望に合わせ、日立建機日本から提供することで、建設ICTへの顧客の円滑な対応を支援する。

建設システムの「デキスパート」は、3万社以上の導入実績を持つ、情報化施工やCAD、出来形・写真・品質管理、電子納品などに対応した施工管理システムで、多彩なラインナップを用意する。

「SiTE-Scope」は、UAV(無人航空機)やレーザースキャナーなどによる3次元測量によって得られた点群データから不要な点を除去し、3次元点群データを生成。また、3次元点群データと3次元設計データから土量算出や出来形集計ができる。集計結果はヒートマップ表示でわかりやすく表現でき、「i-Construction」に対応した3次元出来形管理のヒートマップを作成できる。

「INNOSiTEシリーズ」は、特許技術「3次元設計データ要素解析抽出機能」を活かし、2次元のCADデータから3次元設計データの要素を自動・半自動で解析・抽出し、3次元設計データを作成。3次元設計データは、建設ICTのMC(マシンコントロール)やMG(マシンガイダンス)用の設計データとして活用できる。

福井コンピュータの「EX-TREND 武蔵」は、「i-Construction」への活用のほか、ICT施工に必要な3次元設計データ作成から日々の施工管理業務まで、現場の省力化をトータルで実現。オールインワンシステムとして土木技術者をフルサポートする。

「TREND-POINT」は、3Dレーザースキャナーやドローン、MMS(Mobile Mapping System)などで計測した数億点におよぶ点群データの処理・活用を支援する3D点群処理システム。豊富なフィルター(クリーニング等)機能や断面作成、メッシュ土量計算のほか、ヒートマップに対応した3次元出来形管理、3Dビューアー出力により「i-Construction」をサポートする。

「TREND-CORE」は、土木施工業向けの国産CIM(Computer Integrated Manufacturing)システム。施工段階における現場の3Dモデル作成により建設現場や施工手順を「見える化」し、地元住民や発注者との協議を円滑化。オルソ画像など地形情報の利活用ができ、建設現場におけるCIM活用をより高度に支援する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • デキスパート
  • SiTE-Scope
  • SiTE-Scope
  • INNOSiTEシリーズ
  • INNOSiTEシリーズ
  • EX-TREND 武蔵
  • EX-TREND 武蔵
  • TREND-POINT
  • TREND-POINT
  • TREND-CORE
  • TREND-CORE
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ