カーAVC機器出荷、475億円で横ばい…ETCが17カ月ぶりマイナス 10月

テクノロジー レスポンス

電子情報技術産業協会が発表した10月の民生用電子機器国内出荷金額は、前年同月比2.4%減の1049億円と4カ月ぶりに前年割れとなった。

カーAVC機器は横ばいの476億円だった。映像機器が同5.2%減の475億円、オーディオ関連機器が同0.2%増の98億円となった。

カーAVC機器の製品別出荷台数は、カーナビゲーションシステムが同4.9%増の46万8000台と7カ月連続で前年を上回った。ソース別ではフラッシュメモリが同7.3%増の46万4000台、HDDタイプが同70.0%減の4000台だった。

ETC車載ユニットは同5.9%減の24万5000台と、17カ月ぶりにマイナスだった。ETC2.0(DSRC)対応車載ユニットは11万1000台だった。

カーCDプレーヤーは同21.4%減の17万台と、31カ月連続マイナスだった。カーAVメインユニットは同21.5%減の20万4000台と、7カ月連続で前年を割り込んだ。

  • レスポンス編集部
  • 民生用電子機器国内出荷動向(2016年10月)《画像 JEITA》
  • ETCイメージ
  • ETCイメージ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ