関越道で事故被害の確認をしていた女性、大型トレーラーにはねられ死亡

社会 レスポンス

25日午後6時ごろ、新潟県魚沼市内の関越自動車道上り線で、本線を歩いていた54歳の女性に対し、後ろから進行してきた大型トレーラーが衝突する事故が起きた。女性は死亡。単独事故を起こし、現場付近にクルマを止めていたという。

新潟県警・高速隊によると、現場は魚沼市下倉付近で片側2車線の直線区間。燕市内に在住する54歳の女性は本線上を歩いていたところ、進行してきた大型トレーラーにはねられた。

女性は全身を強打してまもなく死亡。トレーラーの運転者にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)容疑で事情を聞いている。

近くでは接触痕のある軽乗用車が発見されており、これが死亡した女性の運転していたクルマということもわかった。トレーラーの運転者は「道路上に人がいると思ったときにはもう間に合わなかった」などと供述しているようだ。警察では女性が被害状況の確認中にはねられた可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ