新たなモビリティ社会、今後の変化とインパクトとは…『モビリティー革命 2030 〜自動車産業の破壊と創造〜』

モータースポーツ レスポンス

『モビリティー革命 2030 〜自動車産業の破壊と創造〜』

発行:日経BP社

著者:デロイト トーマツ コンサルティング

価格:1600円+税

2030年、「モビリティー革命」の到来により、自動車産業は大きな変化を遂げているだろう。本書では、まず前半で「モビリティー革命」を引き起こす「パワートレーンの多様化」「クルマの知能化・IoT化」「シェアリングサービスの台頭」という要因を挙げ、これらの要因が現在の自動車産業に与えるインパクトを詳しく分析する。

後半では3つの要因が乗用車、商用車、部品、ディーラー、保険などそれぞれの業界に与えるインパクトについて、数字を挙げてシナリオを考察する。

目次…●第1章 パワートレーンの多様化●第2章 クルマの知能化・IoT化●第3章 シェアリングサービスの台頭●第4章 既存自動車産業への影響●第5章 乗用車メーカーへの影響●第6章 商用車メーカーへの影響●第7章 日系サプライヤーの生態系変化●第8章 自動車販売とアフターチャネルへの影響●第9章 保険業界への影響●第10章 自動車産業への提言

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ