【東京オートサロン2017】F1も展示しスポーツ性をアピール…ルノーブース

新車 レスポンス

ルノー・ジャポンは東京オートサロン2017に、F1のショーカーをはじめ4台の車両を展示している。

「今年のテーマは“ルノースポール”だ」とは、同社マーケティング部マネージャーのフレデリック・ブレン氏の弁。

「今年はF1のショーカーも展示することで、更にスポーツイメージの認知度を上げたい」と話す。ルノー・ジャポンの中でルノースポールはとても重要なブランドと位置付けられており、2016年は同社の販売台数の約2割を占めている。

また、『トゥインゴ』の1リットルマニュアルトランスミッションの「トゥインゴZEN MT」も展示。「171万円という価格なので、安さとともに乗る楽しさをアピールしたい」とブレン氏。

2017年、ルノー・ジャポンとしては、「『カングー』が初めて過去最高の2000台オーバーの販売が出来、更に、トゥインゴが通年で販売できる(2016年9月発売)のでこの2本の柱にプラスし、近々『ルーテシア』がマイナーチェンジするので、それも含めて昨年の5,304台を超える販売台数を目指したい」と語った。

  • 内田俊一
  • 東京オートサロン2017 ルノーブース《撮影 内田俊一》
  • ルノー トゥインゴZEN MT《撮影 内田俊一》
  • ルノー トゥインゴZEN MT《撮影 内田俊一》
  • ルノー トゥインゴZEN MT《撮影 内田俊一》
  • ルノー トゥインゴZEN MT《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア ルノー・スポール トロフィー LS《撮影 内田俊一》
  • 東京オートサロン2017 ルノーブース《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ