【東京オートサロン2017】IHI製ターボのアフターブランド、クローバーターボ初出展

新車 レスポンス

IHI製ターボチャージャーの補修、チューニングなどを手がけるクローバーターボが東京オートサロンに初出展し、フェラーリを始めとする国内外の自動車メーカーに採用されているIHI製ターボチャージャーの交換用パーツなどを披露している。

IHI製ターボチャージャーの補修やハイパフォーマンスチューニング事業はもともとIHI本体で行っていたが、「自動車メーカーへの納入が主体で、アフターの領域までなかなかきめ細かい対応ができていなかった。一方、IHI製ターボチャージャーを採用するメーカーや車種が増えてきているので、アフターサポートもきちんとやっていかなければいけないということで2014年4月にIHIの100%子会社として設立された」とクローバーターボの芦澤信一郎氏は経緯を語る。

さらに芦澤氏は「IHI製ターボは純正採用率が高く、その分補修用需要が何年後かにでてくる。IHIターボチャージャーのアフターマーケット向けブランドの認知を高めるために今回、オートサロンに初出展した」と話す。

クローバーターボのブースではフェラーリ『488GTB』、日産自動車『GT-R スペックV』、ポルシェ『カイエンターボ』などに装着されているターボチャージャーの交換用パーツのほか、モンスタースポーツや東名パワードと共同開発中のハイパフォーマンスターボチャージャーも参考出品している。

  • 小松哲也
  • 東京オートサロン2017 クローバーターボブース《撮影 小松哲也》
  • 東京オートサロン2017 クローバーターボブース《撮影 小松哲也》
  • 東京オートサロン2017 クローバーターボブース《撮影 小松哲也》
  • 東京オートサロン2017 クローバーターボブース《撮影 小松哲也》
  • 東京オートサロン2017 クローバーターボブース《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ