【リコール】アバルト 500、故障診断できないおそれ

テクノロジー レスポンス

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の日本法人、FCAジャパンは1月27日、『アバルト500』に関するリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

今回のリコールは、トランスミッションコントロールモジュールの不具合によるもの。トランスミッションコントロールモジュールの製造管理が不適切なため、仕様の異なる制御プログラムが書き込まれたものがある。

そのため、診断器で故障診断を行おうとしても車両を認識できず、故障診断ができないおそれがある。

リコールの対象となるのは、フィアット『500』の高性能モデル、アバルト500。2016年1月23日から4月27日までに輸入された合計178台がリコールに該当する。

FCAジャパンは、「トランスミッションコントロールモジュールを良品に交換する」と説明している。

  • 森脇稔
  • 改善箇所
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ