成田空港連絡バスに國光客運!? 日台共同開発のシンボル

業界 レスポンス

JR大崎駅と成田空港・芝山町を結ぶ高速バス「成田シャトル」に、台湾の高速バス大手・國光客運のバスを想わせる外観デザインの車両が登場した。「1日34便を10台で運用。そのうちの1台を國光カラーにした」という。サービス共同開発のシンボルという位置づけ。

ウィラーエクスプレスと國光汽車客運は、日本と台湾の個人旅行者の空港アクセス向上を目的とし、2016年9月に成田アクセスサービスを共同開発。乗車方法や車内アナウンスを両地域で同じサービスで展開し、日本と台湾の旅行者に高速バスの“わかりやすさ”を発信してきた。

今回のカラー変更は、そのシンボル的存在として打ち出したもの。三菱ふそう『エアロエース』に、台湾を走る國光客運のバスと同じくホワイト地にパープルとブルーのウェーブ、側面に「國光客運」のCIロゴを入れた。

2月1日から走り出したこの國光客運カラーのバスは、運用が固定されていて、成田空港第3ターミナル7時55分発→JR大崎駅9時30分着、大崎10時30分発→成田3タ12時10分着、成田3タ14時25分発→大崎16時00分着、大崎18時00分発→成田3タ19時40分着、成田3タ21時15分発→大崎22時40分着の5便に充当される。

「この成田シャトルは、京成・千葉交通と共同運行。京成が2便、千葉交通が7便を担当。ウィラーは34便を10台で担い、その一台を國光カラーにしたかたち。朝、車庫を出て成田へ回送し、夜10時過ぎに大崎に着いたあと、再び車庫に戻ってくる」

  • 大野雅人
  • 成田空港連絡バスに國光客運!? 日台共同開発のシンボル
  • 「成田シャトル」開業式(大崎駅西口バスターミナル)〈撮影 高木啓〉
  • 大崎駅西口バスターミナル〈撮影 高木啓〉
  • 大崎駅西口バスターミナル〈撮影 高木啓〉
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ