プロトコーポレーション、営業益26.0%減…事業拡大でコスト増加 第3四半期決算

業界 レスポンス

プロトコーポレーションは1月31日、2016年4〜12月期(第3四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は423億9000万円(前年同期比+4.0%)、営業利益は25億0300万円(−26.0%)、経常利益は25億6700万円(−26.6%)、四半期純利益は14億5900万円(−24.5%)となった。

売上高は、自動車関連情報がほぼ横ばいだったが、不動産情報誌「GooHome」が堅調で、4.0%の増収。収益はクルマ情報誌「Goo」の刊行サイクル変更など、コスト削減を図ったものの、事業拡大による人件費の増加、「グーネット」、「ID車両」等に係るプロモー

ションの強化を図ったことなどから、26.0%の減益となった。

通期業績見通しについては、前回予測を据え置いた。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ