【トヨタ プリウスPHV 新型】豊田自動織機、量産車世界初の電動コンプレッサーなど開発

新車 レスポンス

豊田自動織機は、プラグインハイブリッド自動車(PHV)用の電動コンプレッサーと充電器を新開発。2月15日に発売されたトヨタの新型『プリウスPHV』に搭載された。

今回開発した電動コンプレッサーは、量産車では世界初となるガスインジェクション機能を搭載する。一度圧縮した冷媒の一部を再びコンプレッサーで圧縮することで、寒冷時での暖房能力を約3割向上。氷点下でもエンジンを作動させずにヒートポンプ暖房が可能となり、EV走行範囲を拡大し、燃費低減に貢献している。

また、充電器はバッテリーへの充電出力を従来の約1.7倍に高め、さらに、ACからDCへの変換ロスを最小限にする独自の制御方式を採用することで、充電効率も向上。また、これまで別体だった充電システムECUの内蔵と冷却性能向上により、約50%の小型化を実現し、車両搭載性向上にも貢献している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ガスインジェクション機能付ヒートポンプ暖房
  • 充電器
  • トヨタ・プリウスPHV新型発表会《撮影 愛甲武司》
  • トヨタ・プリウスPHV新型発表会《撮影 愛甲武司》
  • プリウスPHV新型のCMキャラクターを務める石原さとみ《撮影 愛甲武司》
  • 石原さとみ《撮影 愛甲武司》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ