トレーラー同士の正面衝突は誘発されたものか、対向車運転の男を逮捕

社会 レスポンス

1月に北海道千歳市内で発生した大型トレーラー同士の正面衝突・死傷事故について、北海道警は15日、順走側を隊列走行していたトレーラーを運転していた33歳の男が故意に車体をはみ出させ、事故を誘発したと判断。危険運転致死傷容疑で逮捕した。

北海道警・千歳署によると、問題の事故は2017年1月11日の午前11時55分ごろ発生した。千歳市支寒内付近の国道276号(片側1車線の緩やかなカーブ)を走行していた大型トレーラーが対向車線側へ逸脱。対向車線を順走していた別の大型トレーラーと正面衝突し、逸脱側の車両を運転していた伊達市内に在住する38歳の男性が全身強打で死亡。順走側の車両を運転していた洞爺湖町内に在住する40歳の男性も足を骨折するなどの重傷を負った。

事故当時、現場の路面は完全凍結した圧雪アイスバーン状態であり、逸脱側のハンドル操作ミスが事故の主因とみられていたが、この車両は道路左側の雪山に突っ込み、その弾みで対向車線側へ逸脱していたことが判明。順走側では4台のトレーラーが連なって走行しており、先頭から3台目の車両が衝突被害を受けていたが、事故の直前に先頭を走行していたトレーラーの荷台部分(シャシー)が対向車線側へはみ出していたこともわかった。

先頭のトレーラーを運転していた洞爺湖町内に在住する33歳の男と、逸脱側のトレーラーを運転していた男性は知人同士であり、後続車の運転者が「先頭車は必要の無いシャシーのブレーキを掛けていた」などと証言したことから、警察では「先頭車を運転していた男が、対向側を走行してきた知人を驚かせる目的で故意にシャシー部を逸脱させ、これが原因となって事故に至った」と判断。男を自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)容疑で逮捕した。

聴取に対して男は「故意にはみ出させるようなことはしていない」などと供述。容疑への関与を否認しているようだ。警察では事故発生の経緯をさらに詳しく調べる方針だ。

  • 石田真一
中古車ランキング
カーライフ注目情報
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ