【F1】マクラーレン・ホンダ、松下信治選手をテスト兼開発ドライバーに起用

モータースポーツ レスポンス

F1参戦中のマクラーレン・ホンダは2月22日、松下信治選手を2016年に続いて、テスト兼開発ドライバーとして起用すると発表した。同選手は2017年シーズンも、ARTグランプリから、F1への登竜門と呼ばれる「GP2シリーズ」に参戦する予定。同選手にとって3年目となるGP2シリーズへの参戦に加え、F1テスト兼開発ドライバーとしての活動を行うことは、「マクラーレン・レーシング」と協調したプロジェクトとなる。また、モータースポーツ界で活躍する若手ドライバーの発掘やステップアップを目的として、ホンダが展開するプログラム、「ホンダ フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)」の一環でもある。マクラーレン・テクノロジー・グループのザク・ブラウン エグゼクティブディレクターは、「松下選手は日本のF3からGP2にステップアップして以来、急激な成長を遂げ、自信をつけた。彼のシミュレーターでのテストは、マクラーレン・ホンダのF1活動に、非常に役立っている」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • マクラーレン・ホンダ(2016年F1日本GP)(c) Getty Images
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ