マツダ フレア、デザインを刷新…安全装備も強化

新車 レスポンス

マツダは、軽自動車『フレア』を全面改良し、3月2日より販売を開始する。

今回の全面改良では、デザインを大幅刷新。前席のパーソナルスペースと後席の実用スペースを融合させた特徴的なBピラーをアクセントにしたエクステリアで、機能性とデザイン性の両立を表現した。インテリアは、センターメーターやオートエアコン、エアコンルーバーを組み込んだワイド感を強調するインパネデコレーションパネルを採用。開放感のある空間を実現した。

また、安全装備も充実。単眼カメラと赤外線レーザーレーダーで前方のクルマや歩行者を検知し、衝突回避をサポートまたは被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート」、ヘッドランプのハイ/ローを自動で切り替える「ハイビームアシスト機能」、運転席前方のダッシュボードに車速やデュアルセンサーブレーキサポートの作動状況を表示する「ヘッドアップディスプレイ」の3つをマツダの軽自動車として初採用した。

さらに、減速時のエネルギーを利用して発電・充電し、モーターによるクリープ走行や加速時のエンジンアシストを可能にする「マイルドハイブリッド」や新プラットフォームの採用、サスペンションやボディの軽量化などにより、軽ワゴン最高の燃費33.4km/リットル(2WD・JC08モード)を達成、全車エコカー減税の免税対象となっている。

価格は117万7200円から147万0960円。なおフレアはスズキ『ワゴンR』ベースのOEM供給モデルとなる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ・フレア
  • マツダ・フレア
  • マツダ・フレア
  • マツダ・フレア
  • マツダ・フレア
  • マツダ・フレア
  • マツダ・フレア
  • マツダ・フレア
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ