【スマートエネルギーウィーク2017】ホンダ、クラリティ フューエルセル など出展へ

業界 レスポンス

ホンダは、3月1日から3日まで東京ビッグサイトで開催される「スマートエネルギーウィーク2017:第13回 国際 水素・燃料電池展」に出展。燃料電池自動車(FCV)『クラリティ・フューエル セル』や「スマート水素ステーション(SHS)」などを展示する。

ブースではこのほか、V2L(Vehicle to Load)対応可搬型外部給電器「パワー エクスポーター9000」、V2H(Vehicle to Home)対応DC普通充電器「パワー マネージャー」など、FCVなどの電動モビリティから外部給電を可能にする製品を展示する。

また今回の出展では、これまで「つくる・つかう・つながる」技術を通じて地方自治体を中心に評価されてきた、地球温暖化対策やBCP(事業継続計画)対策への貢献に加え、エネルギーコストの低減や「動く電源」としての有効活用といった付加価値を、コンビニエンスストアなど商業施設での活用事例として紹介する。

さらに水素供給利用技術協会(HySUT)ブースでは、FCVと水素ステーションに対する理解促進を目的に、クラリティ フューエル セルのカットボディとパワー エクスポーター9000を出展。さらにクラリティ フューエル セルの体験試乗会も実施する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ・クラリティ・フューエルセル
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ