ヤンマー建機、新油圧システム搭載の後方超小旋回油圧ショベルを発売

業界 レスポンス

ヤンマー建機は、低燃費と高い作業効率を両立した後方超小旋回油圧ショベル「ViO80-1B」を2017年5月より販売開始する。

ViO80-1Bは、8tクラスの油圧ショベルでは業界で初めて、2つの油圧ポンプを独立して制御する新油圧システム「ViPPS2i」を採用。必要な油量を最適にコントロールすることで、必要最小限のエネルギーでの作業を実現する。同社従来機種と比較して約20%の燃費低減に加え、掘削作業における燃料1リットルあたりの作業量が約20%向上。作業時間の短縮にも貢献する。

また、特定特殊自動車排出ガス規制の2014年基準をクリアした、ヤンマー製DPF付ディーゼルエンジンを搭載し、窒素酸化物(NOx)と粒子状物質(PM)の排出量を大幅に低減。さらに位置情報や稼働状況をモニタリングするサービス「スマートアシストリモート」を標準搭載。メンテナンス時期やマシンのトラブルを素早く把握し、計画的な作業をサポートする。

価格は1168万5600円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ