欧州委員会、サンデンなど3社に制裁金…自動車用エアコンなどでカルテル

業界 レスポンス

欧州委員会は、自動車用エアコンなどの取引で日本の部品メーカー4社を含む6社がカルテルを結び、EU競争法に違反したと発表した。

欧州委員会は2005年から2009年にかけて、自動車用エアコンユニットおよびコンプレッサー、ラジエーターなどで、6社がカルテルを結び、価格操作を行った疑いがあるとし、2011年より調査を行っていた。

調査対象となった日本企業は、デンソー、パナソニック、サンデン、カルソニックカンセイの4社。このうちパナソニックはカルテルの実態を認め、最初に同委員会に報告したことなどから制裁金を免除された。

デンソーは、調査開始以前に違反の疑いがある行為を取り止めたことなどから、自動車用エアコンユニットおよびコンプレッサー、ラジエーターに関する制裁金は全額免除されたが、自動車用電動コンプレッサーについては一定割合の減額が認められたものの、32万2000ユーロ(約3900万円)の制裁金が科された。

そのほか、サンデンは6460万5000ユーロ(約78億円)、カルソニックカンセイは174万7000ユーロ(約2億円)の制裁金支払を命じられた。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ