【ジュネーブモーターショー2017】アルピーヌ A110 新型、日本導入が決定…2018年

新車 レスポンス

フランスの自動車大手、ルノー傘下のアルピーヌがジュネーブモーターショー2017で初公開した新型『A110』。同車の日本導入が決定した。

これは、ジュネーブモーターショー2017において、アルピーヌが明らかにしたもの。「新型A110を2018年、日本市場に投入する」と発表している。

新型アルピーヌA110には、ミッドシップに1.8リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。アルピーヌとルノースポールが共同でチューニングを行い、最大出力252ps、最大トルク32.6kgmを発生する。トランスミッションは、ゲトラグ製の7速デュアルクラッチ。0‐100km/h加速4.5秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を持つ。

2018年、日本市場に上陸することが決まった新型アルピーヌA110。ミッドシップの2シータースポーツカーというキーワードで見ると、ポルシェ『ケイマン』やロータス『エキシージ』などと競合することになりそうだ。

  • 森脇稔
  • アルピーヌ A110(ジュネーブモーターショー2017)《撮影 宮崎壮人》
  • アルピーヌA110新型
  • アルピーヌA110新型
  • アルピーヌA110新型
  • アルピーヌA110新型
  • アルピーヌA110新型
  • アルピーヌA110新型
  • アルピーヌA110新型
  • アルピーヌA110新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ