NTN、米国にドライブシャフト用部品の新工場…生産能力向上へ

業界 レスポンス

NTNと高雄工業、高周波熱錬の3社は3月17日、米国におけるドライブシャフト用部品の生産能力増強を目的として、3社の合弁会社 NTK Precision Axle Corporation(NTK)の第2工場をインディアナ州アンダーソン市に新設すると発表した。

NTNは、中期経営計画「NTN 100」の基本方針のひとつに「稼ぐ経営」を掲げており、その重点施策が「ドライブシャフト事業の構造改革」。需要地における現地調達率を高めることで為替変動や事業環境の影響を抑え、収益改善を目指している。

今回、米国の堅調な自動車需要を背景に、これまでシャフトの旋削、熱処理加工を担ってきたNTKの能力増強を目的に、第2工場新設を決定。新工場は、2015年に設立したドライブシャフトの完成品工場「NTN DRIVESHAFT ANDERSON(NDA)」の西側土地に建設し、シャフトの旋削、熱処理加工を行う。

新工場は2017年4月から順次着工し、2018年4月から量産を開始する予定。米国におけるフル生産に加えて、国外および外部より調達していたシャフトの生産集約を図ることで、コスト競争力の強化と供給体制の安定化を図る。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ