ロータス エリーゼ に「スプリント」…798kgの軽量ボディ

新車 レスポンス

英国のスポーツカーメーカー、ロータスカーズは3月17日、『エリーゼ スプリント』を欧州で発表した。

同車は『エリーゼ』をベースに、ロータスカーズの持ち味の軽量化を推進したモデル。さらなるパフォーマンスの向上を狙う。

エリーゼ スプリントでは、ハンドメイドのカーボンファイバー製パーツにより、41kgの軽量化を実現。さらに、バッテリーのリチウムイオン化、専用ホイール、専用シート、専用ブレーキなど、徹底した軽量化を施し、車両重量は800kgを切る798kgとした。

パワートレインは、ミッドシップに搭載するトヨタ製の1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジンを、スーパーチャージャーで過給。最大出力217hpを引き出す。

トランスミッションは6速MT。軽量ボディの効果により、エリーゼ スプリントは、0-96km/h加速5.9秒の優れたパフォーマンスを実現している。

  • 森脇稔
  • ロータス エリーゼ スプリント
  • ロータス エリーゼ スプリント
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ