【D1グランプリ Rd.2】追走トーナメントで横井昌志が、単走で田中省己が優勝

モータースポーツ レスポンス

D1グランプリGRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd. 2『2017 AUTO SALON LIVE TOKYO“TOKYO DRIFT”』が4月2日、お台場NOP地区D1特設会場(東京都)にて開催された。

横井昌志選手(D-MAX)が、1日のRd. 1で3位に終わった雪辱を見事はたし、追走トーナメントで見事優勝。続く2位には松川和也選手が、3位には藤野秀之選手が続いた。

さらに、単走決勝では、田中省己選手が99.54点で優勝を果たし、続く2位には、横井昌志選手が99.06点、3位には日比野哲也選手が98.88点と続いた。

追走トーナメント優勝の横井昌志選手は「今年は、シリーズを狙う。これから上位にいるようにがんばっていきたい」と、今年に掛ける想いを語った。また、優勝決定戦での横井昌志選手と松川和也選手の一戦は、もっとも優秀な追走に与えられる「ベスト追走賞」に選ばれた。

なお、次戦Rd. 3は、6月24日・25日。筑波サーキット・コース2000(茨城県)にて開催される。

  • Qブロ!編集部
  • 追走トーナメント優勝をはたした横井昌志(D-MAX、左)と、 2位の松川和也(広島トヨタ team DROO-P、右)Qブロ!編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ