楽天と日本郵便、Eコマース配送での不在再配達削減に向けて連携…受取サービス拡充

業界 レスポンス

楽天と日本郵便は、トラックドライバー不足やEC物流増大によるスムーズな物流の維持が社会問題化している中で、不在再配達削減に向けて配送・受取の効率化などの施策を検討するため、連携強化する。

楽天と日本郵便は、ECサービスの利用者が不在を気にせずに商品を確実に受け取れるような「ラストワンマイル配送サービス」の仕組みの整備や施策を検討する。具体的には、コンビニや郵便局、楽天BOXでの荷物を受け取る拠点受取サービスの拡充や、指定場所配達サービスの実施。通知サービスの充実や1回で受け取った際の楽天スーパーポイントの付与など。

施策を推進するため、「楽天市場」の出店店舗向けに共同で営業し特別運賃の提供も開始する。

楽天と日本郵便はこれまでも、ゆうパックを受け取れる宅配ロッカー「はこぽす」やコンビニエンスストア、楽天が提供する商品受取りロッカー「楽天BOX」で、「楽天市場」での購入商品の受け取りで協業、EC物流や配送における効率化について試行や検討を続けてきた。しかし、宅配に占める不在再配達の比率は依然として高く、ドライバー不足が深刻な社会問題となっている中で、再配達の低減がEC物流において喫緊の課題となっている。

今回、課題解決に向けて両社は連携を強化する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ