マツダ、i-ACTIV AWDなどで科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞

テクノロジー レスポンス

マツダは4月20日、「平成29年度科学技術分野における文部科学大臣表彰」にて、研究者5名が新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」の開発で「科学技術賞(開発部門)」を、技術者1名が「車体シーラー塗布作業容易化装置の考案」で「創意工夫功労者賞」を受賞したと発表した。

科学技術賞(開発部門)は、科学技術に関する研究開発、理解増進等で顕著な成果を収めた者に与えられるもので、マツダの受賞は昨年の「i-ELOOP」、一昨年の「SKYACTIV-D」に続き、今回が5回目。また「創意工夫功労者賞」は、優れた創意工夫により職域における技術の改善向上に貢献した者に与えられるもの。マツダからは主に生産現場における改善活動の成果などにより、2015年以降3年連続の受賞となる。

科学技術賞(開発部門)を受賞したi-ACTIV AWDは、走行中の路面状況やタイヤのスリップ予兆などをリアルタイムで検知し、電子制御で駆動力を積極的にコントロール。走破性能と燃費性能を高次元で両立した新世代4WDシステムだ。2012年以降、『デミオ』『CX-3』『アクセラ』『CX-5』『アテンザ』の一部に採用している。

また、車体シーラー塗布作業容易化装置の考案では、車体部品を接合するために欠かせないシーラーの塗布作業にて、最小限でかつ安定してシーラーを送り出す装置を創意工夫。生産効率の向上と品質の安定に貢献している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ CX-3用のAWDシステム《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ