日立建機、12トンクラス ホイール式油圧ショベルの新モデル発売…オフロード法2014年基準に適合

業界 レスポンス

日立建機は、オフロード法2014年基準に適合した新型ホイール式油圧ショベル「ZX125W-6(標準バケット容量0.45立法米、運転質量13.84トン)」を9月1日より発売する。

12トンクラスのホイール式油圧ショベルは、その機動性と作業性から、首都圏など都市部での道路工事や、北海道での除雪作業など、日本国内におけるオンロードの現場で好評を得ている。ZX125Wは、国内メーカー唯一のオンロード向け12トンクラスのホイール式油圧ショベルとして、高い評価を得てきた。

新機種はNOx(窒素酸化物)排出量を大幅に低減する「尿素SCRシステム」を採用。オフロード法2014年基準(届出予定)および平成26年排出ガス基準に適合する。

また、パワフルなエンジンと車体の軽量化で、最高速度38km/hの俊敏な機動力を実現。最新油圧システムHIOS4を採用し、オートパワーリフトやアーム・バケット高圧時再生キャンセル機構、パワーディギングなど、操作性や作業性を向上する新たな機能を追加した。

安全面では、車体上部右側の先端を300mm後退させ、オペレータからの右前方視界の視認性を向上。車体後部の建屋高さを従来機より80mm低くし、視野角の広い後方カメラと明るさに優れたLEDテールランプを採用することで後方視界の視認性を向上させた。

価格(工場裸渡し、消費税別)は2350万円。販売目標は国内向けに年間100台。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ