始動時のアイドリングストップを自動キャンセル、データシステムから新製品発売

業界 レスポンス

データシステムは、始動時のアイドリングストップを自動でキャンセルできる新製品「アイドリングストップコントローラー ISC434」を発売した。

アイドリングストップ機能は、信号待ちのたびにエンジンが止まってエアコンから温風が噴き出したり、発進がワンテンポ遅れるなどの煩わしさがあるため、車両側のスイッチで機能を停止できる。しかし、エンジンを始動するたびにアイドリングストップOFFスイッチを押さなくてはならない。

新製品はこのような悩みを解決し、毎回の煩わしいスイッチ操作から解放してくれる便利アイテム。ドライブ中のストレス解消はもとより、バッテリーへの負担軽減にも寄与する。また機能のON/OFF自体はメーカー純正スイッチを使用するので、後付け感がなくスマートに取り付けることができる。

価格(税別)は6800円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • データシステム アイドリングストップコントローラー ISC434
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ