テスラ モデルS、最高評価に復帰…『コンシューマーリポート』誌

モータースポーツ レスポンス

米国の有力消費者誌、『コンシューマーリポート』は7月25日、最高評価を一度取り消したテスラのEV、『モデルS』に、再び最上位の評価を与えると発表した。

コンシューマーリポートは2013年、テスラ モデルSをテスト。このテストにおいて、モデルSは100点満点のところ99点を記録。以来、同誌はモデルSに対して、最上位の評価を与え続けてきた。

しかし、同誌は2017年4月、モデルSに対する最上位の評価を取り消すと発表。同誌によると、2016年10月後半の生産車(マイナーチェンジ車)から、緊急時の自動ブレーキが搭載されていないためだという。

今回、同誌はモデルSに再び、最上位の評価を与えると発表。最新のモデルSに、最高で145km/hという高い速度域でも作動する自動ブレーキが装備されたことを評価して、再度の最上位評価となった。

コンシューマーリポート誌のアナリスト、William Wallace氏は、「自動車メーカーは決して安全を高価な装備として扱うべきではない。人命を救うことにつながる安全装備は、すべての新車に標準装備されるべき」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ