日野、米工場で10周年記念式典…中型トラックの生産拠点

業界 レスポンス

日野自動車は8月9日、米国の製造子会社である日野モーター・マニュファクチャリングUSAのウェストバージニア工場において、稼働開始10周年記念式典を開催した。

ウェストバージニア工場は、米国における日野トラックの生産を担う拠点として、2007年に操業を開始。以来、累計およそ6万台を生産してきた。過去3年間の生産実績は、2014年度が8945台、2015年度が1万0538台、2016年度が8077台。主に中型トラックを生産している。

稼働開始10周年記念式典では、日野モーター・マニュファクチャリングUSAの野口由典 会長が、「全従業員の徹底した品質へのこだわりによって、日野のトラックはプレミアムブランドとしての地位を築くことができた」と挨拶。

日野自動車は持続的成長のための施策のひとつとして、米国市場を強化する方針。米国においては今後、商品ラインアップ拡充とあわせ、同工場を中心としたさらなる生産現地化を進めていく。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ