【D1 第4戦】混戦の舞洲ラウンドをドローン空撮

モータースポーツ レスポンス

FIA公認の世界大会開催も予定され、盛り上がっているドリフト。去る7月22〜23日に大阪・舞洲で開催された、全日本ドリフト選手権の「D1GP」第4戦GLION OSAKA DRIFTの映像を、東洋ゴム工業が動画共有サイトYouTubeで公開した。

冒頭のレースクイーンなどを除き、競走シーンのほぼ全編をドローンにより撮影したのが、この動画の特徴だ。鳥になったような視点から映し出されるマシンの姿には、激しさや臨場感とはすこし違った、ダンスのような「優雅さ」も感じられる。

なお今回の舞洲戦は、非常にタイトなコース設計だったことからクラッシュやスピンが多発し、混戦となった。中でもTOYO TIRESのエース、川畑選手の『GT-R』は対戦相手のシボレー『コルベット』に乗り上げるほどの大クラッシュを演じた。この模様も複数のカットで収録されている。

  • 高木啓
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ