高速道路の本線を横断した男性、複数台のクルマにはねられ即死

社会 レスポンス

16日午後8時50分ごろ、群馬県高崎市内の関越自動車道上り線を走行していたワゴン車が中央分離帯に衝突。車外に出た運転者の男性が複数台の後続車にはねられて死亡する事故が起きた。警察は最初にはねたとみられるクルマの運転者を逮捕している。

群馬県警・高速隊によると、現場は高崎市上滝町付近で片側3車線の直線区間。ワゴン車は第3車線を走行中に路外へ逸脱して中央分離帯に衝突。運転していた同市内に在住する29歳の男性が車外に出たところ、後ろから進行してきた複数台のクルマにはねられた。

男性は即死。最初にはねたとみられるクルマは現場で停止しており、警察では運転していた下仁田内に在住する69歳の女を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕している。

死亡した男性は群馬県警の警官だった。警察では事故後、本線を横断しようとした際にはねられたものとみて、事故に関与した車両の特定を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
中古車ランキング
カーライフ注目情報
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ