ボルボ 60シリーズ、ベーシックモデル「Tack」と充実装備の「Classic」を新設定

新車 レスポンス

ボルボ・カー・ジャパンは、『60シリーズ』の一部仕様を変更するとともに、ベーシックモデルの「Tack」と充実装備の「Classic」を新グレードとして設定し、8月22日より販売を開始した。

S60およびV60の「D4 Tack」は上級装備である本革シートをはじめ、助手席8ウェイパワーシート、フロントシートヒーター、12セグ地上デジタルTVを装備。また、「T3 Classic」「D4 Classic」「T5 Classic」にはTackの装備に加え、チルトアップ機構付電動ガラスサンルーフや18インチアルミホイール、アーバンウッドパネルなどを装備する。

V60をベースに最低地上高を55mmアップした「V60クロスカントリー」にも、チルトアップ機構付電動ガラスサンルーフに18インチアルミホイールを装備した「D4 Classic」と19インチアルミホイールを装備した「AWD T5 Classic」を設定し、ラインナップを一新した。

また従来よりラインアップしている「S60/V60 D4 R-デザイン」および「S60/V60 T6 AWD R-デザイン」にもチルトアップ機構付電動ガラスサンルーフとLEDデイタイムランニングライトを標準装備とした。

価格はS60およびV60が449万円から634万円。V60クロスカントリーが514万円から549万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ