スバル、タカタ破綻で特損813億円計上…最終利益は19.1%減の2823億円へ下方修正

業界 レスポンス

SUBARU(スバル)は、2018年3月期(2017年4月〜2018年3月)以降に実施予定のタカタ製エアバッグに関するリコール関連費用として、特別損失813億円を第2四半期連結決算(2017年4〜9月)にて計上すると発表した。

これに伴い、通期連結業績見通しを下方修正。前期比0.9%増の2850億円としていた純利益を同19.1%減の2823億円とした。

スバルはタカタ製エアバッグインフレータに関するリコールを実施しており、その品質関連費用として、2017年3月期現在、約735億円を未払計上。今回の特別損失813億円は、2018年3月期以降に実施予定のリコール関連費用として計上するもの。タカタ製エアバッグのリコール費用は総額1548億円となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ