マツダ CX-3、米国で2018年型発表…コネクトと先進運転支援が進化

新車 レスポンス

マツダの米国法人、北米マツダは8月28日、『CX-3』の2018年モデルを発表した。

CX-3は、マツダのエントリーレベルのクロスオーバーSUV。2018年モデルのハイライトは、安全性の引き上げ、新たなテクノロジーの採用、ラグジュアリー性の向上など。

2018年モデルでは、ADAS(先進運転支援システム)が進化。「スマートシティブレーキサポート」を全グレードに標準装備。30km/h以下で走行中、緊急時に自動でブレーキをかける。上級グレードには、マツダレーダークルーズコントロール、高速域対応のスマートブレーキサポート、車線逸脱警告、ブラインドスポットモニタリングなどが装備される。

車載コネクティビティの「マツダコネクト」は、インフォテインメントと診断機能をひとつに統合。音声コマンド、タッチスクリーン、コマンダーコントロールノブで制御する7インチのフルカラーディスプレイを標準装備する。上級グレードは、フルカラーのアクティブヘッドアップディスプレイを導入した。

この他、サスペンションブッシュを見直し、新しいフロントロワーコントロールアーム、再チューニングされたダンパー、新開発エンジンマウントなどを採用。さらに、ドアシールの改良や、リアガラスの肉厚化、フロアとダッシュボード下への遮音材の追加などが行われている。

  • 森脇稔
  • マツダ CX-3 の2018年型
  • マツダ CX-3 の2018年型
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ