テスラ モデルS のタクシー、3年間で40万km以上を走破…トラブルなし

エコカー レスポンス

米国のEVメーカー、テスラの主力EV、『モデル3』。同車のタクシーが3年間で40万km以上を、ノントラブルで走り抜いた。

これは8月28日、テスラがインスタグラムで明らかにしたもの。「フィンランドのタクシードライバーが、3年間にモデルSで40万km以上を走破。大きなトラブルはなかった」と公表している。

このタクシードライバーは、Ari Nyyssosesta氏。EV先進国として知られるフィンランドでは、モデルSのタクシーは珍しくない。しかし、走行距離が40万km以上に達したモデルSは、同氏が初めてという。

テスラのイーロン・マスクCEOは、「テスラのEVパワートレインは、およそ160万kmごとのメンテナンスでも走行できる耐久性」と語っており、今回のフィンランドでの出来事は、モデルSの耐久性の高さを証明するものといえる。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ