豊田合成、ベトナムにエアバッグ部品の新工場設立…需要拡大に向け生産能力増強

業界 レスポンス

豊田合成は8月30日、世界各地域における安全規制強化を背景とするエアバッグの需要拡大などに対応するため、ベトナムに新工場を設立すると発表した。

新工場は生産子会社「豊田合成ハイフォン」(TGHP)の分工場として設立し、エアバッグ部品などを2019年7月から生産、日本や北米、欧州などのエアバッグ最終組付拠点へ輸出する。新工場の設立に伴う投資額は2460万米ドル(約26億円)で、2018年3月から工場建設を開始する。

豊田合成は、エアバッグを中心とするセーフティシステム製品を重点事業と位置づけ、グローバルでの生産体制を強化している。ベトナムにおける同事業の生産能力は、2016年度はエアバッグ部品が年産1450万個、ハンドルが年産220万本で、2023年度にはエアバッグ部品を2300万個、ハンドルを320万本に増やす計画だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ