高速道の工事現場にトラック突っ込む、真下の国道でも被害

社会 レスポンス

8月30日午後1時45分ごろ、岐阜県多治見市内の中央自動車道上り線で、車線規制を行って実施していた道路工事現場に大型トラックが突っ込み、作業員5人をはねる事故が起きた。トラックの積載物は真下の国道に落下し、こちらでも被害が出ている。

岐阜県警・高速隊、多治見署によると、現場は多治見市光ヶ丘付近で片側2車線の直線区間。事故当時は中央道上り線の第1車線(走行車線)の通行を規制して道路補修工事を実施していたが、走行していた大型トラックが斜行して工事現場へ進入。停車していた工事関係車両に衝突するとともに、付近にいた作業員5人を次々にはねた。

この事故でトラックの直撃を受けたとみられる40歳の男性が頭部強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡した。他の4人が骨折や打撲などの重軽傷を負っている。

また、トラックが積載していたプラスチック材料の入った袋や、工事現場から弾き飛ばした仮設トイレなどが真下を通る国道248号(片側2車線の直線区間)へ落下。通行していた乗用車4台が巻き込まれ、こちらでも3人が重軽傷を負っている。

突っ込んできたトラックを運転していた大阪府高槻市内に在住する47歳の男性も重傷を負っており、警察では回復を待って自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死傷)容疑で事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ