走行中の路線高速バスから出火して炎上、火元はエンジンか

社会 レスポンス

9日午前8時45分ごろ、愛知県岡崎市内の新東名高速道路上り線を走行中の路線高速バスから出火する事故が起きた。車両は全焼したが、乗客乗員41人は延焼前に自力で車外に脱出しており、ケガはなかった。

愛知県警・高速隊によると、現場は岡崎市米河内町付近で片側2車線の直線区間。路線高速バスは名古屋から東京へ向けて走行していたが、エンジンルームの異常を検知した警報音が鳴ったために49歳の男性運転士が路肩に車両を停止させたところ、その直後に車体後部から出火した。

乗客40人は延焼前に自力で車外に脱出して避難したが、火の回りは速く、地元消防が消火を行ったものの、約1時間で全焼した。この火災による負傷者はいなかった。

バスは2014年11月に製造されたものだった。エンジン部から出火したものとみられるが、出発前の点検では異常が無かったという。警察ではバス会社の整備担当者からも事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ