日本電産、EV向けトラクションモータシステムを開発…サイズと重量を大幅削減

エコカー レスポンス

日本電産は、拡大する自動車の電動化ニーズに応えるため、トラクションモータ、ギヤボックスとインバータを含めたトラクションモータシステム「E-Axle」を新規開発したと発表した。

E-Axleは、独自開発した新冷却システムを採用し、従来品に比べてサイズと重量を大幅に削減。コストダウンとより広い車室内スペース確保を実現する。出力は40〜150kW、トルクは1200〜2550Nmと、小型自動車やセダンからSUVプラットフォームまで対応できる。

また冷却システムを搭載したモータの単体販売も予定しており、既存のギア装置や電動化システムとの組み合わせも可能。さらに電動ウォーター/電動オイルポンプ、シフト・バイ・ワイヤ用アクチュエーターなど、同社車載製品と組み合わせての提供もできる。生産開始は2019年の予定。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ