日本電産、電動パワーステアリングパワーパックを開発…モータとECUを一体化

業界 レスポンス

日本電産は9月11日、モータと電子制御ユニット(ECU)を一体化した完全統合型の電動パワーステアリング(EPS)パワーパックを新規開発したと発表した。

EPSパワーパックは、自動車市場の省スペースと軽量化に対するニーズに応え、モータと別体だったECUを一体化。従来品に比べて約15%短く、約20%軽量な、よりコンパクトな製品として開発した。また、モータとECU間のワイヤーハーネスを排除し、組立工数削減によるコストダウンを実現するほか、ワイヤーハーネスがアンテナとなることで発生する電磁ノイズも抑制。制御性も改善し、操舵感覚を阻害する振動や騒音を最小限に抑えた。

新製品はステアリング負荷に応じて3Nmから6Nmまで(小型車から大型車まで)対応可能なほか、自動運転技術の発展を見据え、駐車支援、車線維持支援等の制御ソフトも開発・実装。また、最近ニーズが高まりつつある耐障害性と冗長性のあるフェールセーフ設計も採用している。

EPSパワーパックは2017年中にすでに生産を開始しており、9月12日に開幕するフランクフルトモーターショーにも出展している。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ