【フランクフルトモーターショー2017】VW、電動モビリティに大型投資…200億ユーロ以上

新車 レスポンス

フォルクスワーゲングループは9月14日、ドイツで開催中のフランクフルトモーターショー2017において、e-モビリティ事業のために、200億ユーロ(約2兆6500億円)を超える予算を計上すると発表した。

200億ユーロ以上の予算は、フォルクスワーゲングループの新たな電動化戦略、「Roadmap E」において、設備投資を強化するのが狙い。フォルクスワーゲングループは2030年までに、e-モビリティ事業化のための直接投資として、200億ユーロ以上の予算を計上する。

この投資は、2タイプのまったく新しい電動プラットフォームをベースとした新型車の開発、工場の刷新、従業員の教育、充電インフラの整備、取引および販売網の構築、バッテリーの技術開発や生産などに向けられる予定。

フォルクスワーゲンは、バッテリー技術の課題に関して、中〜長期にわたる戦略の中で段階的に取り組む計画。その手始めとして、グループ内で個別に進められてきたバッテリーセルとモジュールの開発、購買、品質管理を、ザルツギッターの「センター・オブ・エクセレンス」に集約。フォルクスワーゲンブランドはここで、生産に関するノウハウを積み上げるために、最初のパイロット生産ラインを立ち上げる。

なお、フォルクスワーゲングループは2025年までに、自社生産のEVの分だけでも、年間150GWh以上のリチウムイオンバッテリーが必要になると見込んでいる。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ