メルセデスの純正ナビ、地球上のあらゆる場所へ誘導可能に…スタートアップのアイデア採用

テクノロジー レスポンス

メルセデスベンツは9月13日、広大な山林など住所表示が困難な場所に向かう際でも、正確に目的地へ誘導するための新しいアドレスシステムを、自動車メーカーとして世界で初めて純正ナビシステムに導入すると発表した。

この新しいアドレスシステムは、2013年に設立されたスタートアップ企業、「what3words」が開発したもの。世界を3m×3mの57兆平方mに分割し、各四角形に3つの単語を割り当てた。これにより、メルセデスベンツによると、地球上のすべての場所を、簡単かつ明瞭に識別することができるという。

このアイデアに、メルセデスベンツを擁するダイムラーのディーター・ツェッチェCEOが注目。2017年2月、イノベーションプラットフォーム「スタートアップ・アウトバーン」の優秀プログラムに選出された。その結果、メルセデスベンツは今後半年以内に、標準のナビゲーションシステムに、この新しいアドレスシステムを導入する。

ダイムラーのデジタルビークル&モビリティ担当、サジャド・カーン副社長は、「ユーザーは3つの単語を話すだけで、目的地に向かえる。そして、9平方mの精度で、目的地に案内される」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ