「STOP!自転車 ながらスマホ」、スマホを見ずに5km走行した人にコーヒーをプレゼント

テクノロジー レスポンス

KDDI、ナビタイムジャパン、au損保の3社は、秋の全国交通安全運動に合わせ、9月21日より、自転車ながらスマホの撲滅や高額賠償の備えに関する意識向上を図るため「自転車安全・安心プロジェクト」を開始する。

プロジェクトの第1弾企画として、9月21日から10月31日の間、「STOP!自転車 ながらスマホキャンペーン」を実施。「自転車NAVITIME」アプリをインストールし、目的地を設定後、スマホ画面をロック状態で、アプリの音声ナビを頼りに自転車を5km走行。目的地到着後のアンケートに回答した先着5000名に、全国のローソンで利用できる「MACHI cafeドリンク」を達成記念としてプレゼントする。

自転車事故の全体件数は減少傾向だが、対歩行者や自転車同士の事故は増加傾向にある。また、2013年には自転車事故を起こした少年の母親に9521万円の賠償を命じるケースが発生するなど、自転車利用による高額賠償事故が社会問題化している。これらの自転車利用を取り巻く問題を踏まえ、被害者の保護および加害者の経済的負担を軽減すべく、2015年10月の兵庫県を皮切りに、自治体による自転車保険の加入義務化の動きが広がっている。

自転車安全・安心プロジェクトでは、「STOP!自転車ながらスマホキャンペーン」や、啓発動画「危険!自転車ながらスマホ」の制作、地域イベントでの啓発活動などを実施し、自転車利用の安全と安心に関する意識の啓発に取り組んでいく。

昨2016年の秋には、トヨタ自動車、コメダ珈琲店、KDDIの3者が、愛知県における自動車の「ながらスマホ運転」による事故の低減を目指し、スマートフォンアプリ「Driving BARISTA」を活用した取組みを実施した。運転中にスマホ画面を伏せた状態の走行距離を計測し、距離が100km分蓄積されると、「珈琲所コメダ珈琲店」にてコーヒーと交換できるクーポンを入手できた。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 自転車安全・安心プロジェクト
  • STOP!自転車 ながらスマホキャンペーン
  • STOP!自転車 ながらスマホキャンペーン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ