トライアル・デ・ナシオン、日本代表チーム3年連続の表彰台獲得

モーターサイクル レスポンス

9月24日にスペインで開催されていた、トライアル国別対抗世界選手権「トライアル・デ・ナシオン」で日本チームが3位表彰台を獲得した。

トライアル・デ・ナシオンは、国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が年に一度世界各国で開催。サッカーのワールドカップに相当する、ナショナルチームで争う国別対抗世界選手権。

日本チーム(男子)は2015年に4年ぶりに参戦し、3位表彰台獲得、翌2016年も2位と好成績をおさめてきた。今年も藤波貴久(ホンダ)、小川友幸(ホンダ)、黒山健一(ヤマハ)、昨年と同じ3名が日本代表チームとして参戦。スペイン、英国に続く3位となり、3年連続表彰台を獲得した。

日本代表チームのエース、藤波選手は「2位以上を獲ると全力で臨んだが、僕も含めて調子がよくなく、失敗も多かったので、とにかく残念で悔しい。トライアル世界選手権の後半戦からマシンの調子があまりよくなく、セッティングを変えてみたが、調子の悪さを引きずってしまった感じだ。ただ、世界3位と表彰台に上がることができてよかったなと思う。応援してくれたファン、チームやサポートしてくれたスポンサーに感謝したい」とコメントした。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 表彰式(右側が日本代表チーム)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ